知的資産経営で考える成長戦略 〜不確実性の高い時代を生き抜く!我が社の核となる強みの発見と成長戦略〜

2018年の立ち上げ時より、プログラムを作るところから、講師とコーディネーター(支援者)として関わらせていただいてきた、東京都中小企業振興公社の次世代リーダー育成事業『経営人財 NEXT20』。

今期も講義の講師をさせていただきました。
「経営人財 NEXT20」
https://www.tokyo-kosha.or.jp/support/shien/keieijinzai/index.html

経営人材とは、経営者を支え、チームで経営を行う経営層の人材です。
会社のこれからの20年間を支える「経営人材」を育成するのが私たちのミッションです。

プログラムは、講義、自社のSWOT分析をするワークショップ、戦略に基づいた取り組みを行う実践編、の3ステップで構成されていて、私が担当するのは、講義全5回のうちの最終回と、ワークショップや実践的取り組みの伴走型支援です。

講義では、知的資産を軸に戦略を考える流れを学んでいただきます。
「知的資産経営で考える成長戦略
〜不確実性の高い時代を生き抜く!我が社の核となる強みの発見と成長戦略〜」

知的資産という考え方と、それに基づいた自社の核となる強みの再確認、
そして、戦略の策定までの流れを、ワークを交えながら学んでいただきました。

©︎Confidante Consul 大槻美菜

そして今回は、コロナになって以来はじめての大人数のリアル開催。

3年ぶりくらいの大人数の研修に、不思議な緊張感を感じながら、真剣に取り組まれる受講生のみなさまと、私も真剣勝負で、楽しませていただきました。

ここから受講生のみなさまは、ワークショップや半年間の実践編に進みます。私も伴走支援、一緒に走り抜けたいと思います!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。